立川にある整体院-B-reset(ビーリセット)-へぜひお越しください。

対応症例

スポーツ障害


スポーツの試合中、練習中のケガが原因で、その後調子が戻らなかったり、フォームが崩れて成績が上がらない。 ケガは治っても、違和感があり痛みもとれない事があります。 日常生活においても、ちょっとしたことで転んだり、つまずいて足をひねったり・その時は大丈夫だと思って そのまま治療せずにいると、あとから症状が出てきたり、歳をとってから症状がでるなど、ちょっとしたケガが 原因で痛みが取れないなど多くの話を耳にすることも多いと思います。 特に重度のケガ(骨折、靭帯損傷、捻挫、肉離れ等)はその状態により関節を固定しますが、 長期間関節や筋肉を動かせない状態が続くため、ケガが落ち着いた後のリハビリが大切になります。 プロスポーツ選手でもケガの治療よりも、リハビリの方がつらいと言う話は良く聞かれると思います。 特定の関節を固定する事で、他の部位の筋肉や関節が無理をしてしまうために、カラダ全体の バランスが崩れてしまい、ケガの回復後にはそのバランスを取り戻すためにケガをした部位だけでなく カラダ全体のバランスを取り戻すためにケガの回復以上の期間が掛かります。 全身のバランス検査を行い、関節の可動域や筋肉の動きをみることで原因を探ります。 元の状態に戻す為にはリハビリだけでなく、ストレッチや体幹トレーニングを行うことで早期の回復が 見込めます。 また日常生活での姿勢の取り方なども重要になりますので、お客様に合わせてアドバイスいたします。

一覧を見る

レビュー

  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • ameba